一般歯科・小児歯科

むし歯治療

むし歯とは?

むし歯とは、プラーク中のむし歯菌が食物に含まれる炭水化物を分解して酸を作りプラークのPHが下がることで、歯の表面からカルシウムイオンやリン酸イオンが溶出する(脱灰)疾患です。

一方、唾液には下がったPHを元の状態に戻す作用があり、溶出したカルシウムイオンやリン酸イオンは再び歯面に沈着します(再石灰化)。
食事や間食のたびにプラークのPHが変動し、それによって脱灰と再石灰化が起こっています。
この均衡が崩れて脱灰>再石灰化の状態が続くとむし歯が進行していくのです。
フッ素には、再石灰化の促進、歯質の耐酸性の向上、抗菌作用があり、むし歯を予防する効果があります。

再治療について

むし歯治療をしたら再びむし歯にならない、というわけではありません。
多くの場合、むし歯になったところは歯ブラシが届いていないところですので、むし歯治療後も以前と同じような歯みがきをしていると、その周りから再びむし歯になることが多いのです。

治療を何回も繰り返すと健康な歯質をどんどん削ることになり、やがて歯の神経を取ることになります。
神経をとった歯はもろくなり、将来ひびが入ったり、折れてしまうと、その次は大切な歯を抜くことになってしまいます。
むし歯治療後のメンテナンスが大切な理由です。

ラバーダム防湿

神経をとった歯根の治療をするときには、治療する歯にラバーダムシートをかけて行います。

これは細菌を含む唾液が歯根の中に入らないようにし、歯根の中をできるだけ無菌化して感染予防をするためのものです。
感染が歯根の先から周囲の骨まで広がってしまうと歯根の中を消毒しても治らないことがあります。
そうなると外科手術で歯根の一部を切除したり、あるいは歯を抜かないといけなくなります。
ラバーダムシートを装着した治療は、口をあけたままの状態になりますので辛いですが、大切な歯の為に理解と協力をいただいています。

 ↑  Page Top

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病菌は歯と歯肉の境目(歯肉溝)の深いところ(歯周ポケット)の環境を好みます。
スキをみてより深いところへ侵入したいのですが、通常は体の抵抗力によって侵入できません。
ところが歯みがきができていなくてプラーク中の歯周病菌が増えたり、疾患、生活習慣などにより体の抵抗力が低下すると、歯周病菌が一気に攻め込んできます。
すると体はこれを阻止するために白血球を中心とした防衛軍(免疫細胞)を発動し、その結果、歯肉は戦場になります。
そこでは細菌が出す毒素や、これに抵抗する免疫細胞が細菌だけでなく誤って自らの組織も攻撃してしまい、歯周組織が破壊されていきます。また、破骨細胞が自ら歯槽骨を破壊することによって炎症部位から遠ざかろうとする防御反応も、結果的には歯周組織を破壊していくのです。
歯周病は成人の疾患であると思われがちですが、10代でも80%の人が歯周病に罹患しているといわれています。
歯周病の初期の状態である歯肉炎では、歯みがきをすると時々出血する程度ですが、歯肉が腫れる、歯がグラグラするなどの症状が出たときは、すでに進行しています。
歯周病は歯周病菌による感染症ですが、その症状を進行させるリスクファクターとして糖尿病などの疾患や、喫煙、食生活などの生活習慣があります。 歯周病の治療・予防にはお口の中を清潔にすることと、生活習慣の改善が必要です。

歯周病で歯を抜かないために

歯を抜く原因の大部分はむし歯と歯周病で、その比率はほぼ同じですが、年齢が高くなるほど歯周病が原因で歯を抜くことが多くなります。
むし歯と歯周病では進行の速さが異なり、歯周病の進行には長年の生活習慣が関与しているためであると考えられます。
歯周病は10歳代で発症することが多いといわれますが、長い慢性期と短い急性期を繰り返して階段を1段ずつ下りていくようにゆっくりと進行していきます。(例外として若い人でも急速に進行する若年性歯周病があります。)
そして初期の状態では自覚症状がなく、歯ぐきが腫れる、歯がグラグラするなどの自覚症状が出たときにはすでに歯周組織の破壊が進んでいるのです。
むし歯治療では詰め物や被せ物によって失われた歯質を補うことができますが、一度失われた歯周組織は元の状態には戻せないことが多く、従って歯周病治療のゴールは今の状態で安定させ、進行しないように維持していくということになります。
歯周病で歯を抜かせないためには、初期の状態での発見と治療、そして治療後のメンテナンスが大切です。

 ↑  Page Top

小児歯科の診療

当院の小児治療

  • お子様が歯科治療に恐怖心を抱かないよう配慮します。
  • 初診時は歯磨きの練習とフッ素塗布を行い、虫歯の治療が必要な場合は歯を削るドリルの練習をします。
  • 緊張や恐怖心を減らし、お子様が自信をもって治療ができるようスタッフが応援します。




 ↑  Page Top
おいしく食べるとは
細菌と口腔ケア
院長作品集

What's New

 

2015.01.08
ホームページをリニューアルしました。

駐車場完備